光彩日本

アクセスカウンタ

zoom RSS TPP承認、通常国会見送り論=自民

<<   作成日時 : 2015/10/24 16:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

■時事
TPP承認、通常国会見送り論=自民、参院選への影響懸念
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015102400145&g=pol
 日米などが大筋合意した環太平洋連携協定(TPP)の国会承認手続きをめぐり、自民党内で、来年1月召集の通常国会での処理を見送るべきだとの意見が浮上している。TPPは国内農業への影響が懸念されており、野党は参院選の争点とする構え。承認手続きを参院選後にすることで、追及をかわす狙いがある。

□米国との絡みがあるからな。参院選後にしたところでTPPは大筋合意としているのだから、追求されるだろう(笑)

■「国会の結論を早く出さないといけないという状況ではない。そこは慎重に審議すべきだ」。自民党の二階俊博総務会長は23日の記者会見で、通常国会での処理にこだわらない考えを示した。
 政府はTPP交渉の大筋合意を踏まえ、関連する条約・法案を通常国会に提出する予定。与党は衆参両院に特別委員会を設置し、来年度予算成立後の4月以降に審議をスタート、会期内に条約承認と法案成立を済ませる段取りを描く。

□その後に参議院選挙があるからどっち道追求されるだろう。しかもそのまま参議院選挙に突入する可能性が高い。

■ただ、農業団体を主要な支持基盤とする自民党内では、TPP合意を成果とアピールする政権の姿勢とは裏腹に、「参院選のプラス材料にはならない」(中堅)との意識が強い。「通常国会で承認手続きに入り、マイナスイメージを引きずったまま選挙を戦うのは不利だ」。閣僚経験者はこう指摘する。

□だって聖域まで踏み込んで95%の関税を撤廃する訳だから、守るべきところをまったくまもっていない

■TPPは「安全保障関連法に次ぐ大型案件」(国対関係者)とも言われ、いざ国会審議となれば、審議は長丁場になることが予想される。民主党などは既にTPP交渉の合意内容と、農産物重要5項目の関税維持などを求めた国会決議の整合性を問題視しており、通常国会冒頭の予算審議段階から攻勢に出る構え。特別委まで議論が続けば、「TPP国会」となるのは避けられそうもない。

□またTPPも戦争法案のごとき安倍晋三のボロボロな論理が披露されるのだろう

■もっとも、通常国会での手続きを見送れば、野党が「議論から逃げている」との批判を展開するのは確実。世論次第では逆風も予想される。民主党の岡田克也代表は21日、記者団に「(合意内容について)しっかり国会審議を通して説明してほしい」とけん制した

□そもそも説明するのが当たり前だからな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TPP承認、通常国会見送り論=自民 光彩日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる