東京エンブレム、パクリ画像を平気で掲載して企業

■ゲットニュース
http://getnews.jp/archives/1116541
佐野研二郎氏がデザインした東京五輪の公式エンブレムについて、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が使用を中止する方針を固めたと9月1日午後に報じられている。

□組織委員会も一度解体とか、解散すべきだろう(苦笑)こんないい加減な奴らが再度選ぶとかありえない。博報堂も永久追放すべき。公平性が保たれない

■すでに五輪スポンサーとなるパートナー企業のほとんどが、自社のウェブサイトから公式エンブレムを撤去しており、使用中止の決定も時間の問題と見られていた。
使用中はNTTと三井不動産の2社のみ

□訴えられたら負けるなぁ(笑)しかもこれだけ問題になってたのに使い続けたとなると、他人の所為にはできない。

■組織委員会のウェブサイトによると、パートナー企業には「ワールドワイドオリンピックパートナー」としてトヨタ自動車やパナソニック、ブリジストンなど12社、「東京2020ゴールドパートナー」としてNTTや三井不動産など13社があがっている。

しかしこのうち、8月31日までに自社のウェブサイトで「佐野」エンブレムを使用していたのは、NTTと三井不動産のみ。あとの23社は使用していないか、以前使用していたが撤去したり、別の画像に差し替えたりしている。

パートナー企業が「佐野」エンブレムを使用しないことについて、ネットでは「そもそもPRのための協賛なのでイメージが悪化したらアウト」と当然視されており、元参議院議員の水野誠一氏も、

「一日も早く(組織委が)撤回の決断をしないとえらいことになるだろう!」

とツイッターに投稿していた。

■朝日
http://www.asahi.com/articles/ASH9146LWH91UTQP00W.html
五輪エンブレムは、応募作品104点の中から佐野氏の作品が選ばれ、7月24日に発表された。

 五輪エンブレムは、応募作品104点の中から佐野氏の作品が選ばれ、7月24日に発表された。しかし、発表直後から、ベルギーのリエージュ劇場のロゴマークなどと「似ている」とネット上で話題になった。

 ベルギーのデザイナー、オリビエ・ドビ氏と劇場側の代理人は8月、「エンブレムはロゴマークの盗用」と主張し、国際オリンピック委員会(IOC)に対し、使用の差し止めを求める訴訟をリエージュの民事裁判所に起こした。

 これに対して、佐野氏は8月5日に大会組織委で開いた記者会見で「日本人としての誇りを持って作った。盗用との指摘はまったくの事実無根」と独自性を強調していた。

同月28日には大会組織委が記者会見し、五輪エンブレムの選考過程を説明。昨年11月の選考で選ばれた佐野氏の原案から2度の修正を経て、最終的に公表されたエンブレムになったとし、「リエージュのマークには全くない特徴がいくつもあり、オリジナルだと確信している」と主張していた。

 この記者会見で公表された原案や、佐野氏が作成したとされるエンブレムの街頭での使用イメージ画像についてもその後、他人のサイトから無断で転用された可能性があるとの指摘がネット上などで相次ぎ、大会組織委は佐野氏側への調査を迫られていた。

□これまでの流れ↑↓(笑)でもこの問題で俺の知る限り一番がんばってたのはTBSのnews23だな(笑)

■2020年東京五輪のエンブレムをめぐる経緯

7月24日 アートディレクターの佐野研二郎氏の作品が選ばれ、都庁で公表される。その後、ベルギーの劇場ロゴを制作した同国のデザイン会社がフェイスブックで似ていると指摘

 31日 佐野氏が「制作時に参考にしたことはありません」とコメント

8月3日 ベルギーのデザイナー側がエンブレムの使用差し止めを求める文書を日本オリンピック委員会(JOC)に送ったことが判明

 5日 佐野氏が会見し「日本人としての誇りを持って作った。盗用との指摘はまったくの事実無根」と作品の独自性を強調

 14日 ベルギーのデザイナーの代理人が国際オリンピック委員会(IOC)に対し、使用の差し止めを求める訴訟をリエージュの裁判所に起こしたと発表

 28日 大会組織委員会が会見し、応募された「原案」などを公表。その後、佐野氏の「原案」デザインが、2年前に東京で開かれた展覧会のポスターに似ているとネット上で話題に

 31日 佐野氏が街頭でのエンブレムの使用イメージとして提案した画像2点が、他人のサイトから無断で転用された可能性があり、大会組織委が調査を始めたことが明らかになる


■日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/general/news/1528759.html
五輪スポンサーの日本企業21社のうち、13社がホームページやテレビCMなどでエンブレムを使っていることが26日、分かった。5社も今後使う予定で、スポンサー企業の9割近くが、積極的に利用する姿勢を示した。

21社に確認したところ、アサヒビールなど13社がホームページやCM、新聞広告などで使用していると回答した。トヨタ自動車など5社も「現時点では使用していないが、今後使う予定」と答え「使用の予定はない」とした企業はゼロだった。

 使用するかどうか未定なのはブリヂストンとパナソニック、日本郵政。ブリヂストンとパナソニックは世界最高位のスポンサーで、東京五輪だけでなく国際オリンピック委員会(IOC)のロゴを使えることも背景にあるとみられる。日本郵政は「20日にスポンサー契約を結んだばかりだから」と説明している。

 劇場の提訴や、佐野氏側が他の作品で模倣を認めたことには「答える立場にない」「組織委の判断に沿って使用する」との回答が大半を占めた。

□見る目なさ杉だろう(笑)しかもずぶずぶ(苦笑)こういうのを腐った体質という。
 しかし、パクってないといいつつパクってたものを披露するとは、ドンだけ日本人はバカだと思ってんだ(笑)