自民党の若手「文化芸術懇話会」で言いたい放題

■スポニチアネックス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000104-spnannex-ent
百田氏「沖縄2紙つぶせ」発言は「雑談の中で冗談として言った」

 作家の百田尚樹氏(59)が26日、自身のツイッターを更新。前日25日に自民党の若手議員が党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」の初会合に講師として招かれ、「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」などと発言したことについて「講演で言ったものではない。講演の後の質疑応答の雑談の中で、冗談として言ったものだ」と釈明した。

 沖縄県の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない。沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。

□沖縄のどこかの島が取られれば、米軍は抑止力ではないということだし、沖縄のどこかの島がとられたらそれは米軍ではなく、個別的自衛権なのだから日本の自衛隊の問題だろう。しかも沖縄の一部の島が取られたからといって沖縄だけの問題にはならない。辺野古や普天間がいなくなっても米軍が沖縄から全ていなくなるわけではない。

■出席議員からは、安全保障関連法案に対する国民の理解が広がらない現状を踏まえ、報道機関を批判する意見が噴出。「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」との声が上がった。

□今の腐った自民党らしい話だな。

■百田氏は前日25日夜には「ギャグで言った言葉を切り取られた。しかも部屋の外から盗み聞き!卑劣!それにしても、報道陣は冒頭の2分だけで退室したのに、ドアのガラスに耳をつけて聞き耳してるのは笑った。しかし、正規の取材じゃなくて盗み聞きを記事にするのは、ルール違反だし、卑劣だろう!」とツイートした。

□ギャグで言った事を盗み聞きしたら卑劣なのか?(笑)ギャグで言った事なのに目くじら立ててる時点でギャグではないということだろう