脱原発候補一本化で問われる共産党の姿勢?細川ではなく?(笑)

■ダイアモンド
http://diamond.jp/articles/-/47921
■「小泉は格差社会の張本人。竹中平蔵と組んで新自由主義をふりまき弱者を切り捨てた」「細川は国民福祉税を突然打ち出し、最後は政権を投げ出した」

□ひどい有様

■昨日の敵と手を組むことを潔(いさぎよ)しとしない「真面目な運動家」が少なくない。

□信念がなければ前には進まんだろう。公約すら出さないのに一本化とかありえないから。
 いまや小泉の脱原発選挙も嘘じゃないかというのが広がり、経済特区が真の狙いじゃないかとささやかれたりもする。

 ■現代ビジネス
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38250
 読売新聞以外に、NHKと共同通信社調査でも細川候補は宇都宮候補に逆転を許している。

□これを見てもわかるように一本化で宇都宮氏が降りなければならない理由はない(笑)


■東京の代議員は「細川は脱原発以外は宇都宮と正反対。むしろ安倍政権の悪政推進にアクセルを加えるだけだ」

□まさにその通り

■細川「原発を止め、まず節電」

□7基の原発分残ってるのだから脱原発のイメージを悪くしている

■共産党の代議員がいう「原発以外の政策は正反対」ではない。

□共産党ってたぶん吉良氏のことだと思うが、吉良氏は細川のバックにいる小泉のことについていってるのだろう。それに最初細川は公約をほとんど出していない。それどころか一本化をしないといっていた細川の公約が、ほとんど宇都宮と同じ。一本化はしないが公約がほとんど同じなんだから降りろといいたいのだろう(笑)こうして公約が同じだと明らかにパクリだし、こういう風に見ると自民党のこれまでのやり方に似ている。野党が出した政策を修正して自分たちの政策の如くし、さも自分たちが法案を作ったかのように振舞う。今回も後から出てきて政策をほとんど語らず他の候補者のいいところを盗むやり方だ。

 だいたい宇都宮のバックにいる共産党議員に聞いたなら、細川のバックにいる小泉にも聞くべきだろう。何で共産党だけに聞いて宇都宮降しに使ってるんだ?

■国家戦略特区」。細川氏は「いいと思うことは一緒にやってゆけばいい」「岩盤規制をなんとかしたい」と肯定的な口ぶりだった。

□こんなことやれば第二の秋葉事件のような死者が出るだけ。

■「小異を捨てて大同につく」と言っても、原則論を大事にする組織は「小さな違い」を問題にする。「自共対決」を前面に出し、党大会で宇都宮擁立を確認した共産党は、小泉・細川連合と手を組むことに強い抵抗がある。決めた候補を下ろし、その結果がうまくいかなかったら、指導部の責任問題になる。

□明らかに宇都宮が細川にまける論になっているが、最初の世論調査で宇都宮と細川の差はたったの1%しかなかった。しかもいまや逆転して宇都宮が2位。では細川は降りるのか?(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その他の記事

まず赤旗
幻の昭和64年1月31日なんて後から偽装したんだな。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-25/2014012515_02_1.html
押印も振出人の名前すらないもの。台帳には、「昭和64年」は昭和天皇が亡くなり、1月7日までしかないのに、「1月31日」という幻の日付があるなど、偽造資料でした。


次にZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140120/dms1401201145003-n2.htm
細川が大和銀行参議院支店(当時)に2つの口座を持っていて、銀行に書類を提出するよう請求する段階になると、他の議員からそれを止められる。そして細川はその前に辞任。


http://www.news-postseven.com/archives/20140120_237072.html
東京都の利権がらみで嘘を?→白川勝彦「借入金をマンション購入や自宅修復にあてたのは、所得税法上問題がなかったか」


http://judiciary.asahi.com/jiken/2014011700004.html?iref=comtop_btm
明らかに白川発言と違う→「熊本の私邸の修理は借金後2年以上たってから、マンション購入も借金の2カ月前」

日刊ゲンダイはオレンジ共済事件
http://gendai.net/articles/view/news/147338
細川護熙氏は高利の預金名目で多額の資金を集め詐欺罪に問われたオレンジ共済組合からの3000万円受領など、「政治とカネ」にまつわる疑惑が浮かんでいます。