日本シリーズ楽天が優勝3勝3敗1分けで(笑)


副題をつけるなら
日本シリーズ八百長と思われたくなければビデオ判定導入すべき

 今回の日本シリーズ、第2試合目の「格上げされて世紀の大誤審」がなければ、本来なら3勝3敗1分けだった。第2試合目で言ったことが、まさに現実になったが、ビデオ判定が導入されていれば、アウトとわかるのだから、誤審だか八百長はなくなっていただろう(苦笑)そしてどちらが優勝してたのかわからなくなっていただろう。もちろん最初から八百長がなければの話だが(笑)
 昨日試合前に書いたブログでは、高橋と坂本とロペスが打たなくなると、またおかしくなると書いた。ロペスは天然だとも書いた(笑)結果高橋と坂本はノーヒットで、しかも二人とも三振が2。一方ロペスは天然振りを発揮して4打数の2安打。さすが天然ロペス。

打率順位
長野久義  .269-.367
村田修一  .259-.310
中井大介  .250-.400
寺内崇幸  .227-.292
坂本勇人  .200-.259
松本哲也  .182-.308
ロペス    .174-.174
矢野謙次  .167-.286
高橋由伸  .150-.227
亀井善行  .143-.294

左が打率で、右が出塁率。
面白いのが、最初から楽天戦に強く、成績を残している中井が7試合中2試合で、しかも4打数しか出してもらえなかったという現実(笑)打率は3位だが出塁率は1位で4割。もちろん打席に立てば立つほど成績は落ちる可能性があるが、少なくとも打率3位で、出塁率4割の選手を出さないというのはおかしい。
こういう試合してるようでは最初から優勝できるわけがない。まあするつもりがなかったのかもしれないが。(笑)
.250で2軍に落ちた小笠原は1度も出ず、出塁率1.000の谷も1打席しか出ていないという、全く意味不明な日本シリーズだったが、原は谷にどうしてほしかったんだろう?四球がきても打てばよかったのかな?三振でもすれば使ってもらえたのかな?(笑)出塁率1.000でその後1回も出してもらえないとか意味不明。

ピッチャーもおかしいのがいろいろある。
まず杉内を先発ピッチャーでだしたこと、浮気発覚で長期に巨人にいられないことを悟ったのか、ソフトバンクにいた最後の年と同じようなことをしている。
試合前はどれくらいの防御率か知らないが、7戦目も含ると13.50(笑)優勝するつもりがあるのに出すかな?普通に考えたら出さないだろう。
昨日は最終的に防御率の悪い13.50の杉内が先発で投げ自責点2、その後防御率4.05の澤村が投げて自責点1で、5回から内海が投げ0、8回を西村が投げ0だった。

 じゃあ他にピッチャーがいなかったのか?となる。小山雄輝は1回登板し投球回数3.1。自責点ゼロで防御率0.00のピッチャーが1回しか出ていない。それを先発でいけるところまで投げさせればよかった。
 5回からは第6戦でも投げていない2登板で投球回3自責点0、防御率0の、今村信貴を1~2イニング投げさせ、6回に内海、7回に西村、8回に山口、9回にマシソン、という巨人オールスター並みの系統で投げることを考えてれば、無失点で勝てた可能性がある。もちろん勝つ気があればだが。

 谷は戦力外通告で放出されるようだが、がんばってほしいものだ。