伊豆大島の豪雨災害で、町長出張で不在

■天気
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/motoasa/2013/10/14/1981.html
2013年10月14日 23時7分
 16日は太平洋側の地域だけでなく、北陸から北の日本海側でも大荒れとなり、局地的に300ミリ前後の大雨の恐れがあります。土砂災害や川の増水、低い土地の浸水などにも厳重な警戒が必要です。

□300ミリの大雨とまで書かれている
 14日の時点で関東方面のルートはすでにわかっている。
 しかも10年に1度の台風とまで言われていた。

■FNN
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20131017-00000014-fnn-soci
伊豆大島土砂崩れ 町長が当日の詳細なやりとり記した文書公表
 多くの死者や行方不明者が出た伊豆大島の土砂崩れについて、避難指示を出さなかったとして、対応の遅さを指摘されている大島町の川島理史町長が、当日の詳細なやり取りを時系列で記した文書を、17日午前に公表した。
川島町長は「早いうちに勧告が出せなかったのかということを含めて、いっときも、このことが頭から離れることはありません。あの状況下のもとで、勧告を出すことは、これまでの経験上も、避難を拡大するおそれがあると」と述べた。

□真夜中に避難勧告を出せば2次被害が発生するから勧告を出せなかった。
 でも結局土石流で家が流されて多くの死傷者を出した。
 勧告という言葉を引き合いに出して言い逃れるつもりなのかもしれないが、ある意味台風が来る前に危険な場所は避難指示が出せたはず。

■大島町の対応については、15日午後6時5分、土砂災害の危険度が高まったときに出される「土砂災害警戒情報」が発表され、16日午前1時半になって、大島町の担当者や気象庁の専門家が集まり、協議したが、結局、避難指示や勧告は出さなかった。

□まったく持って書かれてることに説得力がない。土砂災害警戒情報が出されたということは、この時点で相当の雨が降っているはず。雨が降って地盤が弱くなっているということは、この時点で十分避難指示が出せたはず。もっといえば土砂災害警戒が出される前に避難指示が出せたはず。それだけ雨が振っているのだから。
 この気象庁の対応は不自然。10年に一度の大型台風と口ではいっておきながら、行動が伴ってない。
 暗いから避難指示が出せないとわかっているなら、日が暮れる前に協議すべき問題ではないのだろうか?それを土砂災害警戒情報を出した後に協議し、暗いから避難指示は出せないとか言うくらいなら、何で協議したんだ?最初から協議する必要もなかった。

■午前2時20分には、記録的短時間大雨情報が発表され、河川の氾濫や住宅の倒壊という情報も把握し、午前3時26分には、警視庁大島警察署も、避難勧告をするように町に呼びかけたが、町は午前3時35分、防災無線で、「氾濫により、危険な状況となっていますので、注意してください」と住民に呼びかけただけで、避難勧告を出さなかった。
川島町長は、「これまでの経験上、勧告を出す判断ができなかった」としながら、勧告を出さなかったことについて謝罪した。

□気象庁の専門家らが集まり協議して50分後、記録的短時間大雨情報。しかもその前に土砂災害警戒情報。
 警視庁大島警察署が町に呼びかけなければ、注意すら呼びかけなかったのだろうか?
もうこの時点で何が起こるかある程度の予測はできたのではないだろうか?そして河川の氾濫や住宅の倒壊という情報も把握。すべて後手後手で有効な手段を打てず見殺し。
 大島町の人口8213人。

■時事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000164-jij-soci
町長「想定甘かった」=出張で不在、避難勧告せず―危険水位も未設定・伊豆大島
 東京・伊豆大島の豪雨災害で、大島町の川島理史町長は16日夜会見し、被災時に島内にいなかったことを釈明するとともに、避難勧告を出さなかったことについて「想定が甘かった。これまでの対策や当日の対応が適切だったか検証したい」と話した。

□台風は10年に一度の大型台風とされていて、関東を通過するとされていたのに、いなかったんだ。

■川は過去にも氾濫したことがあり、雨で水位が急速に増すことは知られていたが、町は水位計を置かず危険水位も未設定。職員が川の様子を確認することもしていなかったという。町長は「砂防ダムなどの整備も進めており、対策に過信があった」と話した。

□何もしなかったこと、してこなかったことを過信という言葉を使って言い訳にしてる。

■災害時には町長が対策本部長を務めることになっていたが、島根県で開かれた会議のため15日から不在で、同日夕以降、16日午前3時すぎまで連絡がなかったという。副町長も出張で島を離れており、町長は「台風が来ると知りながら島を離れたことの批判は受け入れる」と述べた。 

□16日午前3時すぎまで連絡がなかったというのもおかしい。だって会議すらやってるわけがないのだから。すでに3時ということはもう災害が起きた後。自ら連絡すらしなかったのか。
 町長も副町長もいない。いい加減な職業だな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
修正:家で→家が
    何を→何で