田中真紀子VS2014年開校予定の札幌保健医療大学+マスコミ

 記者団から首相の任命責任を問われると、「どこに、どう責任があるのか」と気色ばんだ。・・・・・・田中真紀子の問題でどこにどう責任があるのだろう?大臣が認可するかしないか決められる。じゃあ逆に、認可しなかった事で責任が問われるなら、吉田学園の来春開校と言ってた事が再来年になった責任をなぜマスコミは問わないのか?田中が来年分を不認可にして、バッシングを受けているが、不認可にする前に開校しないといってることに関してスルーは卑怯だろう。じゃあ何で開校しないのか問えよ。さらに、潰れた大学があるが、それに関しては誰かが責任取ったのか?最初から定員割れ起こしてたといわれてる大学もあるが認可したやつは責任取ったのか?

大学設置を認可する権限は文科相が持ち、首相が判断することは通常ない。しかし、首相周辺によると、文科省の事務方から発表前日に「不認可にすれば訴訟のリスクがある」との警告が官邸にあったという。・・・・・田中真紀子は事前に了承を得ていた、田中真紀子だけが批判されるいわれはない。

それでも官邸サイドが介入しなかったのは、言動が注目される田中氏への遠慮も一因とみられ・・・・・多くの人間が批判してるからって、遠慮に摩り替えるのはおかしいだろう。元々民主党の政策は無駄を省いて、そうしたお金を子供手当てなどに回すといってきたのだから。だいたい改革をするために民主党政権にゆだねたのに、改革しようとするとよってたかって批判するなら改革できるわけがない。

 岡田克也副総理「方向性は田中氏の言う通り。ある意味で(認可の)審議が形骸化していた」・・・・・・この後岡田は認可が降りてもないのに何で学校が建設されてるのかといったことを毎日は書いていない。自分たちの主張と違う部分を排除するというやり方は汚い。

http://mainichi.jp/select/news/20121107k0000m040080000c.html



 NHKは記事にこういうことを書いているが
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121106/k10013299161000.html
「あくまで来年4月の開学を目指したい」などとして、3大学とも田中大臣の提案は受け入れられないという考えを示しました。・・・・札幌保健医療大学は来春開校できるのか?(笑)

 しかし北海道新聞は
 学校法人吉田学園の札幌保健医療大について、当初予定より1年遅れの2014年度開学を目指すと書いている。
 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/416694.html
 2014年開校するのに来春開校ってどう考えてもおかしいからな。

 北海道新聞社説
 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/417350.html
 まず題名の「大学不認可 文科相の独断許されぬ(11月6日)」・・・・・って書かれているが、ちゃんと官邸に了承を得ているのに独断って言葉がおかしい。新聞記事書くならちゃんと取材して書けよ。
ここ数年、答申が覆されることはなかった。大学ごとの具体的な理由が示されないまま、今回の申請を一律に却下するのでは公平性を欠く。 ・・・・・覆された事がなかったから不認可を認めないというのは横暴だろう(笑)権限は大臣にあるんだから。

 開学準備を整えた段階で突然、白紙に戻されたのではたまったものではない。撤回を求めるのは当然だ。・・・・・認可が出る前に開校できるように大学建ててるほうが頭がおかしい。しかも4割が定員割れというのが昨日今日の問題だろうか?前からあった問題を放置してきたのは政治家だけの問題ではない、政治を監視するマスコミにも大いに問題があるだろう。それをなんら突っ込まずここまで放置しておきながら、改革するというと批判する。

 「札幌保健医療大などでは、すでに説明会が開かれ、進路を定めた入学希望者も少なくないことだ。」って書いてるけど2014年に開校すると北海道新聞が書いてるんだが?(苦笑)

 「一方で今年は、ずさん経営の堀越学園(群馬県)に文科省が解散命令を出すなど、全国で800校近くになった四年制大学の経営問題が顕在化した。
 大学進学率が5割を超えた一方、四年制私大の半数近くが定員割れを起こしている現実は看過できない」・・・・・・こういうことも田中真紀子が大臣になって明るみになったが、マスコミはその間寝てたのか?

 「1991年に設置基準が緩和されて以降、大学は増加の一途をたどってきた。そのあるべき姿については、別の場であらためて方向性を探っていくべきだ。 田中文科相が疑問を呈したように、大学関係者が大半を占める審議会の人選には再考が求められよう。」・・・・・田中が問題定義にしなければ問題にもしなかったくせに、よく言うよ(笑)

 「教育行政は、子どもや若者はもとより、未来世代の人生をも左右する。そうした重大性を田中文科相には認識してもらいたい」・・・・・いやいやまだ受験もしてないのに、まるで決まったかのような報道するなよ。これこそが子供を利用した世論誘導だろう。




 河北新報
 「大学設置不認可/学生の立場を考えていない」「これが「政治主導」というのなら、心得違いも甚だしい。政策決定プロセスを一切無視した、トップによるちゃぶ台返しだ」・・・・・・言ってる意味が不明。大臣に認可不認可の決定権がありそれで学校が多いから不認可にした。元々大臣の決定権がないのを横からだめだといったわけではない。ちゃんと権限があるから権限を行使したに過ぎない。しかもちゃんと官邸に発表する事も伝えて、了承を受けているのだから、プロセスどころか官邸の了承まで得ているのに、トップによるちゃぶ台返しは、まったく事実とかけ離れている。

 「2013年度に予定していた3大学の新設を不認可とした」・・・・・札幌が2014年といってるのに3大学が開校するかのような書き方もおかしい。ほらね「開学まで5カ月というタイミング」勘違いしている。

 「若者に理不尽な進路変更を強いる「鶴の一声」となる恐れがある。撤回を求める」・・・・・これもいってることがおかしい。まるで大学が開校されれば、全員が受かるかのような記事になってるが、まだ受験やテストすらも受けてないのに、まるで全員が受かるかのような物言い。いつから大学が何もしないでは入れるようになったのだろうか?それともこれは裏口入学か何かなのか?それとも定員割れが最初から決まってて、全員は入れるのだろうか?落ちた人は進路変更を余儀なくされるのは当たり前だからな。じゃあそうしないためにかわいそうだからと全員入れるのか?この記事書いてるやつは頭おかしいのではないだろうか?(苦笑)

 「需要が減っているのに、供給が過剰なことが定員割れの背景にある。奇妙なことに、この矛盾を拡大させる方向で動いてきたのが文科省自身だ」・・・・・奇妙な事にって(笑)予算をつけられるんだから当たり前だろう奇妙でもなんでもない。もう今のマスコミのレベルがあまりにも低すぎて(苦笑)

 「何より、はしごを外されることになる学生への配慮を欠いていることが問題だ」・・・・ここでも自分の発言の流れがいいように子供を利用する奴がいる、まだ受験もしてないのに何を言ってるんだ(笑)

 ほんと如何無能なマスコミと政治家が今までいたのかこういうのをみてもわかるし爆発もするだろう(苦笑)
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2012/11/20121106s01.htm