海猿作者激怒でフジテレビ真っ青 

 http://gendai.net/articles/view/geino/139359

 海猿原作者がかなりお怒りのようだ。フジテレビが嫌いな俺としては原作者の佐藤秀峰氏を応援したい。うん?佐藤秀峰?どっかで見た名前だなと思って調べたら、やっぱりブラックジャックによろしくの原作者だ。以前ブラックジャックによろしくの原作を著作権フリーにしてすごいなと思ってたが、海猿の興行収入が4作で240億円。うーん太っ腹なのが納得。

 怒りの原因は、事務所にアポなしで押しかけて非礼な取材をしたことや、「海猿」の関連書籍が契約なしに販売された事らしい。
 関連書籍が契約なしに販売されるということが起こりえるということは、知らない間に販売され、収益すらもごまかされるのは必然的に起こる上に、自分の価値観や意見とはまったく関係なく話を作られる可能性があるから、原作者が怒るのは無理がない話。ブラックジャックによろしくを考えても、金の問題ではない気がする。むしろ失礼すぎる態度が気に食わないのだろう。
 「フジテレビは信頼に値しない企業。今後は一切新規の取引はしない。『海猿』の続編は絶対にない」という発言にも納得。

 「「海猿」シリーズは今夏から上映中の第4弾「BRAVE HEARTS 海猿」が興行収入72億円を突破し、邦画部門では今年のナンバーワンヒット。ようやく54億円を超えた「踊る――」の最終作も後塵を拝してしまった。04年のシリーズ第1弾からの累計興収は240億円超。」・・・・・踊るですら海猿の2/3程度しか稼いでいない。

 海猿の続編が作れないどころか、今のままでは今後フジテレビは佐藤秀峰氏の作り出す作品を映像化することもできないだろうからな(笑)