朝日系VS橋下徹

 朝日系列と橋下徹がもめている。朝日系列といっても朝日新聞と橋下徹が以前からもめているのだが、橋下徹が朝日放送まで取材拒否と言い出し、話が大きく取り上げられている。
 今回の騒動の発端は、「週刊朝日」が橋下の家計や先祖の人柄について取り上げた事に関して、橋下は「自分のことをどう書こうが良いが先祖のことに関して書くのは許せない」というもの。
 朝日の連載記事に関しては読んでないが、先祖のことを書くのは許せないというのはどうだろう?たとえば田中真紀子の先祖とか書いてはいけないのか?たとえば田中角栄のこととかね、もっとわかりやすく言えば麻生太郎の血縁関係とかね。誰がいた・どういう人がいたと書いてはいけない?それとも書いていいのはいいことをしてる人だけ?有名な人だけ?(笑)
 まあ朝日と橋下がどれだけもめようが関係ないが、俺が思うに、橋下の人間性を考えたときに、この人間の背景をつかむには、先祖も出したほうがわかりやすいんじゃないか?と思っても不思議ではない。たとえば国旗国歌、集団的自衛権とか、徴兵制とか、ハシズムと言われたりする事とかね。こうした部分を過去を紐解く事によって明らかになるかもしれない。
 たとえば源氏と平家の武将ないしそうした流れが少なくとも江戸時代まであったとかね。
 こうした事を考えたときに、橋下の先祖の考え方と橋下の考え方が同じだったとしたら、それが偶然であったとしても、必然に見えてくれば取り上げるだろう。取材したんだし。

 橋下徹「政策論争はせずに、僕のルーツを暴き出すことが目的とはっきり言明している。血脈主義ないしは身分制に通じる本当に極めて恐ろしい考え方だ」先祖を見て橋下を結び付けたのではなく橋下を見て似たような人を結びつけたのだろう。そもそも朝日が過去にそうした批判を受けてない事は明らかであくまで橋下の人格の背景を公開しただけだろうな。橋下はこうした先祖との結び付けた考え方に関して、ヒトラーのようなやり方だとしているが、橋下が嫌いな人はお前にだけはいわれたくないと思う人も多いはず(笑)

 この朝日の記事は内容自体は今までに報じられてきたことと大差ないようだ。(笑)揉め事起こしてまた人気回復狙いか。週刊朝日もある意味橋下が騒ぐと思って、橋下をターゲットにして売り上げを伸ばそうとしてるのかもしれないな(笑)