光彩日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本4−0オマーンの課題を考える

<<   作成日時 : 2016/11/12 22:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 これまでの最終予選のUAE戦からの課題として、サイドの人間がサイドで張ってることができずに、中に入ってきて渋滞したり、サイドに誰もいないからサイド攻撃ができずに、中だけで勝負するしかない状況になっていた。その課題が克服できたか?が問題。

 1点目また本田が中に入ってきてた。そして大迫とかぶってる。普通前の選手を後ろに下がらないようにしたというならまだしも、後ろの選手を抑えるとか意味不明で、UAE戦ならファールで笛吹かれて、1点ふいにしてる所。そもそもオマーンレベルで大迫を介護する意味がわからん。
 UAE戦からこうしてFWの邪魔してるから、豪州戦で1TOPにしたはずなのに、またWに戻したから、また中に入ってボールが来るのを待ってる。

 話変わって2点目、40:48のパスも、パスが遅いから、相手はそんなに速く詰めてないのにほぼ追いついてるような状況。相変わらずパス回しのスピードも改善されてない。寄せの早いチームならボール奪われたり怪我に繋がる。さらに以前は本田が中に入ってきてサイドが使えなかったが、40:53右側に2人もフリーの選手がいるのに中で勝負してる意味がわからない。オマーンの13番はオフサイドトラップにも失敗してるし、交わされて得点も決められるレベルの低さだから助かったようなもの。
 よって課題をまったく克服できていない。3点目はPKだし、4点目は相手のクリアミスでボールをもらってゴールしただけ。

ランキング129位のオマーン。

 今の日本代表の状況がわかる前に試合が組まれて、過去の対戦成績7勝3分けで一敗もしていない、勢いをつけるためのだけのかませ犬のようなオマーンが選ばれてるんだろうけど、新たな選手選考としてはオマーンでは意味がない。日本がFW4人の4TOPにしたから、少しはオマーンに流れが行ったが、脅威らしいものも感じないレベル。というか4TOPにしてグダグダになって、最後アディショナルタイムで相手からボールもらって4点目を入れただけ。FWを4人入れれば大量得点取れるとか言う妄想抱いたとしたらハリルは相当やばいね。3点目から4点目の間は何がしたいのかさっぱりわからんレベルで
、相手からまともにボールすら奪えなかった。UAEや豪州が順当に勝ち、日本がサウジに引き分けたら4位に降格する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

日本4−0オマーンの課題を考える 光彩日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる