光彩日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本マスコミの香川真司叩きの内情が徐々に見えてきた

<<   作成日時 : 2016/10/27 19:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今シーズンが始まる前から、香川はずっとドイツのマスコミから叩かれてきた。
 それはゲッツェを優遇し、スタメンにするためには香川が邪魔だから。
 香川をスタメンからはずし、ゲッツェをTOP下にすれば、ドイツの2位チームで活躍すれば、W杯でいい結果を残せるだろうというのがドイツ人やマスコミの意向であるかのようだった。

 そしてそのようになるように香川は干され続けてきた。元々香川は試合の流れの中で試合を動かし点を取るタイプ。なのでコンスタントにスタメンで試合に出て流れをつかんでいくタイプなので干されたりすると能力を100%発揮できない。
 まあ、ドイツマスコミの思惑通りにゲッツェがスタメンで起用されている。だが思惑と違うのが活躍していない所。しかも現在6位と低迷。低迷というのはドルトムントは昨シーズン2位からほとんど落ちていないから。しかもポカールでは香川をはずして2部のチームに1-1でPK戦の末辛くも勝利した。ようするに2位のチームに入ったのに入ったら6位になっているという。皮肉な結果がもたらされた。
 こうしてドイツが香川叩きするのはゲッツェ上げのためなのでよく分かる。
 ところが日本の場合ゲッツェと関係ないので叩かれる筋合いはないが、どういうわけか代表になると香川は叩かれている。どうやらJリーグが絡んでいるようだ。

■日刊ゲンダイ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/192576
ドルトで冷や飯…香川真司に「横浜M移籍情報」の信憑性は

スイスの高級腕時計ブランド、タグ・ホイヤーがJリーグとトップパートナー契約を結び、お披露目会見が25日に行われた。

 タグ・ホイヤーはキヤノン、明治安田生命、ルートインなどに続いて9社目のトップパートナー企業となった。契約金は年5億円といわれ、同席したJリーグ村井チェアマンも「心強い支援に感謝」とニンマリだ。

 このところのJリーグは好景気に沸いている。

 7月には、英動画配信会社と10年間で総額2100億円の超大型放映権契約を結び、世間をアッと言わせたが、今回のタグ・ホイヤーとの契約により、「一部サッカー界で囁かれている噂の信憑性が一気に増した」と放送関係者がこう続ける。

□そういえば香川を代表からはずせと言い出したのもUAE戦の頃からだったな。しかも香川は失点に絡んでいないにもかかわらず。そう考えると審判に金渡したのはUAEだけとは限らなくなってきたな。さらにその頃から日本のマスコミも香川叩きを始めた。日刊ゲンダイもその一部。

■「ドイツ・ブンデスリーガ1部のドルトムントで調子が上がらず、完全に控え扱いの日本代表MF香川真司をJリーグに復帰させ、日本国内のサッカー人気復活の起爆剤にしたい――という動きがあり、その“仲介役を果たす”のがタグ・ホイヤーなんです。

□散々香川叩きしてるのに、何故かJリーグの話になっているからおかしいと思っていた。だって叩くくらいなら見なければいいのだから。しかも世界7位のクラブから、ちょっと干されたくらいでなんでアジアでもTOPではない日本のJリーグに移籍するんだという話だからな。むしろブンデスのベストイレブンに選ばれたくらいだから、逆にリーガエスパニョーラに行くべきだろう。それがなんで下に下がってくるのか分からない。

■タグ・ホイヤーは14年2月、香川の出身クラブC大阪のスポンサーになり、6月には香川と公式アンバサダー契約を結んでいる。香川と関係性の深いタグ・ホイヤーにとって、自社ブランドの訴求力をグンと高めるのには香川が帰国し、Jリーガーとしてプレーするのがベストというわけです」

□え?だったらドルトムントと契約すればいいし(笑)
 さらにいうとC大阪はJ2だからな。

■香川自身、欧州サッカーの移籍市場がオープンする来年1月、ドルトムントを離れてJリーグに復帰する意思を固めているという。

□どこから出てきたんだよこの話。
 それならもう俺が香川を応援する必要もなくなるわけだが。だって応援しなくてもがんばれるだろう。

■ドルトムントで冷や飯を食わされて試合勘に問題を抱え、日本代表でもパッとしないプレーに終始。それよりもJリーグに復帰してエースとして君臨、好き勝手にプレーをした方が「万全のコンディションをキープして日本代表でのパフォーマンスも上がる」と確信しているという。

□いやー、全然香川が慌ててる様子はない。昨シーズンは慌ててて焦っていたが、今季は何故か落ち着いている。そこまで焦る必要がないのはがんばりすぎて移籍するときに年俸が跳ね上がるのを恐れてるんじゃないかとすら感じる。

■「復帰に当たってカネ回りの良くなったJリーグが、移籍金と年俸の一部を負担するという話も出ている。

□こうなってくると八百長くさくなって来るんだよな。だってリーグが一チームのために金出すとかありえないからな。

 年俸は400万ユーロ以上といわれているから約4億円以上。
 後市場価格が、「37位と日本人選手のなかで最上位につけたのはやはり香川だった。前回の更新から200万ユーロ価値を上げ、市場価値は1600万ユーロ(14.3%増)となった。日本人選手では2位、550万ユーロと変動していないマインツFW武藤嘉紀(108位)に大きな差をつけている。
ヘルタ・ベルリンFW原口元気は300万ユーロにとどまり、武藤と同様、変動なし。負傷のため1年以上プレーしておらず、市場価値が600万ユーロから300万ユーロに半減したシャルケDF内田篤人と並んでいる。同じ価格でありながら、原口は179位、内田は201位に入った。」
 市場価格が16億円だから、Jリーグが手を出せる金額じゃないだろう。

■注目の移籍先は古巣のC大阪と思われているが、実は首都圏の人気チーム横浜Mが最有力です。

□記事の話がおかしくなってるぞ、そもそもタグホイヤーはC大阪だからってか言ってるのにこれがMになるのはおかしい。

■司令塔の元日本代表MF中村俊輔も38歳となり、チームも後継者を探している。中村の後釜として香川が横浜Mのユニホームをまとい、浦和や川崎、鹿島などと優勝争いに加われば、Jリーグは間違いなく盛り上がる」(サッカー記者)

 香川のJリーグ復帰は待ったなし! というのだが、さて。

□この記事が何が問題かというと、自分達の意向に沿うように記事を書き、一人の人生をめちゃくちゃにしようとしているところ。香川がこんなことになびくようでは、今後もこういうやられ方で日本代表が貶められたり、せっかく海外経験をつんでる人がボロボロにされかねない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

日本マスコミの香川真司叩きの内情が徐々に見えてきた 光彩日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる