光彩日本

アクセスカウンタ

zoom RSS カナダレイプ事件判事罷免?

<<   作成日時 : 2016/09/20 19:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

■CNN
http://www.cnn.co.jp/world/35088967.html?ref=rss
(CNN) カナダで起きた強姦事件の被害者の女性に対して男性裁判官が暴言を放ったとして、司法評議会が審理に乗り出した。12日の公聴会の後、委員会が処分について勧告する予定で、同裁判官が罷免(ひめん)される可能性もある。
問題とされたのは、カナダ連邦裁判所のロビン・キャンプ判事(64)が地方裁判所の判事だった2014年、強姦事件の公判で放った発言。
裁判記録によると、ホームパーティーの会場でレイプされたと訴えた19歳の被害者の女性に対し、キャンプ判事は「なぜ両膝を閉じておけなかったのですか」などと質問したとされる。さらに一般論として、「若い女性はセックスをしたがるもの。特に酔っている時は」と言い放った。

□若い女性はHしたがるものとかどこから仕入れてきたねただよ。さらに酒飲んだらHしたがるとしたら、そりゃ動物以下でしょ。明らかな女性差別。しかも襲われてるのに両膝を閉じておかなかったからレイプではないとでも言いたげだ。これが通用するなら、なんで防弾チョッキ切ってなかったんですか、撃たれたかったからでしょ、と言ってるようなもの

■キャンプ判事は強姦罪で起訴された男に無罪を言い渡し、男に向かって「女性には優しくするよう、男性の友人に言い聞かせなさい。もっと辛抱強く、慎重にならなければいけない。自分自身を守るためには極めて慎重になる必要がある」と諭したという。

□これレイプしたことを認めてるじゃないか。男性の友人とかまるで他人事だな。

■この判決は控訴審で覆され、やり直しの裁判が11月から開始される。

□これが覆らなければこの判事は許されてたところが怖いんだが

■司法評議会では、キャンプ判事が性犯罪事件に関して固定観念や偏見に基づく判断を行っていたと指摘。本人は9日の公聴会で、カナダの刑法についての知識がなかったと弁明し、被害者の女性に謝罪した。

□固定観念や偏見に基づく判断を行ってはならないのは当たり前だな。
 しかも刑法関係ないと思うんだが、当たり前のことなのだから。この判事の銀行口座とか暴きたい。無罪にしといて謝罪すればすむのかよ。セカンドレイプのようなものだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

カナダレイプ事件判事罷免? 光彩日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる